葬儀、家族葬を大阪で。格安料金9万円〜の葬儀・家族葬プラン。

大阪葬儀.COMホーム >> 事前にできる準備

事前にできる準備

生前の手配・事前にできる準備のご相談承ります。

事前にできる準備ポイント

不安を軽減する事ができる。

いざという時に落ち着いて行動できる。

希望に合ったお葬式ができる。

費用の概算を把握でき、費用のかかりすぎが防げる。

細かい打ち合わせに忙殺されずに、ゆっくりお別れができる。

お葬式の経験が少ない方は急な葬儀に慌て、納得のいかない葬儀・トラブルになりがち。
納得のいく葬儀、戸惑いが少なくなるようにする為には「事前の準備」が必要です。
大阪葬儀.COMではお葬式の不安・疑問を、解決までサポートいたします。

葬儀についての疑問・お見積もり致します。

各種資料や概算のお見積りを手元に取り寄せておくと、いざという時に役立ちます。
(疑問お問い合わせ・葬儀の見積もりは無料にてお伺いいたします。)

葬儀疑問・見積もりお問い合わせ

ご家族で事前に確認しておく準備とは?

事前に確認しておく準備規模 葬儀の規模

お葬式の「規模」とは、「お葬式に参列する参列者の人数による葬儀の大きさ」の事です。お葬式の「人数」は、お葬式を行う上で、もっとも重要な事です。
参列者の人数は、あらかじめ「葬儀を知らせる範囲」を絞り込む事でコントロールする事ができます。故人との関係でどの範囲まで知らせるかがお葬式の「規模」を決めるポイントになります。

参列者の人数 = お葬式の規模 = 葬儀費用に直結しますので、事前に考えておきましょう。

安置場所と葬儀場所

現在は8割以上の方が病院で亡くなられています。病院では、亡くなられると「すぐに遺体の搬送」をお願いされます。ですのでまず、遺体を搬送する場所「安置場所」を決める必要があり、一般的には自宅に安置することが多かったのですが、最近はお葬式の小規模化やマンション住まいなどの理由で自宅以外の葬議場・安置専用施設に安置される場合も多くなってきています。自宅で行えない場合には尚更早めにチェックしておく必要があります。

葬儀場所とは、「通夜・告別式」を行う場所の事です。「自宅」か「自宅以外」での選択肢があります。

安置場所メリット・デメリット

大阪葬儀.COMお問い合わせ