葬儀、家族葬を大阪で。格安料金9万円〜の葬儀・家族葬プラン。

大阪葬儀.COMホーム >> 葬儀の形式

ご葬儀の形式

葬儀の形式は、仏式、神式、キリスト教式など宗教によって異なりますので、必要になる事や、必要にならない事もあるので事前に調べておくと良いでしょう。特に、仏式の場合は宗派も確認しておく必要があります、分からない時は親戚の方などに尋ねて確認しておくと良いでしょう。
近年では、宗教にとらわれない自由な形式の自分らしい葬儀が増えてきています。
日本の宗教法人の現況は次のようになっています。

系統 包括 単位 教師数 信者数
神道系 145 85,198 81,509 107,952,589
仏教系 167 77,514 305,011 95,420,178
キリスト教系 67 4,110 28,917 1,771,651
諸数 31 15,427 265,470 10,221,454
合計 410 182,249 680,907 215,365,872

仏式

仏式には八宗ございますが、細かい葬式作法などに多少の違いはあるようですが、流れとしましてはあまり変わりはありません。しかし同じ仏式でも地域によってかなり式の特徴は変わりますので、地方から来られた方又は都心部から引越しされた方などは、風習の違いに驚く方も多いようです。

神式

神式の葬場祭は一般的には焼香の変わりに玉串拝礼を行い仏式での祭壇とは違い、白木八足を使用し「洗米、酒、餅、海魚、川魚、野菜、菓子、果物、水、塩などをその上に置かれます。天理教や金光教、その他神社神道などがございますが、それぞれに違いがあるようです。

キリスト教式 カトリック

キリスト教式もカトリック派とプロテスタント派ではかなりの違いがあります。
カトリックの場合には「葬儀ミサ」による葬儀式と「言葉の葬儀」による葬儀式がございます。
プロテスタントの場合、通夜は「前夜祭」と言われ「前夜の祈り」、「通夜の祈り」、「棺前祈祷会」、「通夜記念式」などと呼ばれることもあります。通夜の進行は、聖書、祈り、賛美歌そして牧師による説教 ( 感話、奨励 ) が行われます。 その他にも細かい違いが多くあるようなので、聖職者又はキリスト教専門業者などに事前に相談をしておく方がスムーズだと思われます。

無宗教式

生演奏で行う無宗教葬・お別れ会・偲ぶ会は、最近徐々に増えてきております。
故人が生前愛した曲や家族との思い出の曲、何よりも、ご遺族が故人の意思に基づき、追悼のために、愛の形を音楽で表現することは、故人にとって何よりのセレモニーになるでしょう。

大阪葬儀.COMお問い合わせ