大阪葬儀.COM / 葬儀、家族葬を大阪で 格安料金9万円プラン

大阪葬儀.COMホーム >> 葬儀用語か行

葬儀用語集

普段聞きなれない葬儀についての用語を詳しく説明を致します。

葬儀用語集
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

葬儀用語 か行

会葬礼状(かいそうれいじょう)
会葬してくれた人に対して渡す礼状

か行TOP

戒名(かいみょう)
仏弟子になった者に授けられる名前

か行TOP

火葬(かそう)
死者を火で焼き、骨にすること。日本は火葬率が世界一高い

か行TOP

火葬許可証(かそうきょかしょ)
役所で死亡届が受理された後発行される。火葬してよいとの証明書

か行TOP

形見分け(かたみわけ)
故人が生前愛用していた衣服や所持品などを、その親族・親友などに分配すること

か行TOP

カトリック(かとりっく)
カトリック教会の信徒。地上におけるキリストの代理者としてのローマ教皇を首長とするキリスト教の一派。

か行TOP

神棚封じ(かみだなふうじ)
神棚がある場合、死者が出ると神棚に白紙を貼って封じること。四十九日か五十日祭(神式)を終えて白紙をはがす

か行TOP

仮通夜(かりつや)
日取りの関係や近親者が遠方など、時間がかかる場合「通夜」を2日間にわたって行う。このとき、1日目を「仮通夜」と呼び、家族や近親者で死者を見守ります。

か行TOP

カロート(かろーと)
墓石の下に骨壺を収納するコンクリート製の納骨スペースのこと

か行TOP

忌明(きあけ)
忌中を終えること。一般的に四十九日、五十日祭(神式)をもって忌明とする

か行TOP

北枕(きたまくら)
死者を安置するとき頭を北向きにすること。お釈迦様が亡くなったときの姿をまねたと言われる

か行TOP

忌中(きちゅう)
一般的に四十九日、五十日祭(神式)までのこと。遺族が弔いに専念する期間

か行TOP

忌中払い(きちゅうばらい)
葬儀後の会食を示す言葉。地域によって言い方が違い精進落としとも言う

か行TOP

忌中札(きちゅうふだ)
葬家の玄関に「忌中」と書いた札や幕をはること

か行TOP

脚絆(きゃはん)
死装束で足に巻くもの。昔の旅支度からきてる

か行TOP

清め塩(きよめじお)
古くは葬儀にでると身が穢れたとして、家の玄関前で手を洗い、塩を振りかけた。会葬者へのサービスとして小袋の塩が一般化

か行TOP

供花(くげ)
葬儀などで死者に供える花。造花花環、生花、樒などが用いられる

か行TOP

釘打ち(くぎうち)
出棺に際し、棺に蓋をし遺族が釘を石で打って封じる慣習。昔、棺を運ぶ際に遺体が飛びでないように釘で封じた。石で打つのは死霊を封じる意味がある。

か行TOP

鯨幕(くじらまく)
葬儀に使う黒白の縦縞の幕

か行TOP

具足(ぐそく)
道具のこと

か行TOP

供物(くもつ)
葬儀などで死者に供える物。盛籠、果物、菓子、線香、灯籠など

か行TOP

供養(くよう)
死者に供え物をして死者を養うこと。供花、供物、香典はすべて供養のためであり、葬儀、法事を行うこと、会葬者に料理を振舞ったり、品物を配ることも供養として行われる。

か行TOP

検案(けんあん)
死体を調べ医学的に確認すること。警察が行う死体の検案を「検死」とも言う

か行TOP

献花(けんか)
生花を捧げること。死を悼む行為として行われてる。キリスト教式、無宗教式で一般化してる

か行TOP

献灯(けんとう)
葬儀の開式時などにローソクに火を付けること。追悼行為としてローソクに火を付け捧げること

か行TOP

香典(こうでん)
香を供養のために供えることに由来し、現在では会葬者が弔いとして金銭をもちよること

か行TOP

香典返し(こうでんがえし)
香典のお礼として遺族が品物を返すこと

か行TOP

合同葬(ごうどうそう)
葬儀の主催が複数組織にまたがったときの葬儀。遺族・会社、会社・団体、複数の会社などの組み合わせで行う

か行TOP

五具足(ごぐそく)
仏前供養で香炉を中心に一対の燭台、一対の花瓶を配したもの

か行TOP

告別式(こくべつしき)
葬儀での故人との別れの儀式。現在は葬儀式と同時並行に進行する形が多い

か行TOP

大阪葬儀.COMお問い合わせ